特定健診・特定保健指導とは?

特定健診・特定保健指導って何でしょうか?

40〜74歳の被保険者・被扶養者を対象に、生活習慣病(脂質異常症・高血圧・糖尿病)の予防と改善を目的として実施される健康診査・保健指導です。特定保健指導は特定健診の結果に基づき必要と認められる方に対して行われています。何らかの疾患等で通院・治療中の方も受診の対象になりますので、ぜひ受診して自分の身体の状態をさらに詳しく知りましょう。

なぜ特定健診を受けることが大切なのでしょうか?

特定健診は、運動不足・かたよった食事・喫煙などの生活習慣が引き金となる生活習慣病の発症・重症化を予防することを目的とした健康診断です。内臓脂肪が蓄積され、下半身よりウエストまわりが大きくなる特徴があるメタボリックシンドロームを発見するために、腹囲や血圧の測定、血液検査などを行います。基礎疾患がある方が新型コロナウイルスに罹患すると重症化する可能性が高まるため、きちんと受診して今の自分の健康状態を把握しましょう。

関連記事